FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
256_1.jpg

輝かしい朝日を浴びて

それは美しく、神々しく、または艶めかしく

光輝いていた

青いベールに包まれて大切に、愛情をいっぱい注がれて

それは日を重ねるごとに魅力を増し

色気を漂わせるほどまでに成長していた


そうっと触れてみた

その肌はキメ細かく透き通って、滑らかで弾力がある

興奮してるのだろうか?

少し赤みを帯びている

そのすばらしい肌触りに興奮は高まり

理性を失った僕は衝動的に口づけをしてしまう・・・

唇がその肌に触れる瞬間

官能的な香りが僕の鼻腔を刺激した

それは香りというよりも「匂い」と言ったほうがいいだろう

その官能的な「匂い」は僕の興奮をさらに高ぶらせ

もう、僕を止めることなどできない

禁断の口づけへと導くのであった・・・


つづく


いや、続きません(笑)

と、言うことで鮭トバは順調に熟成されてます

我慢できないので今夜ちょっと食べちゃいます。

しかし、「青いベールに包まれて・・・」

って、ただの干し網ですから(笑)

う~ん、鮭トバでここまで妄想できる俺って・・・

変?(笑)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://withoutb.blog76.fc2.com/tb.php/133-71805dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。