上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
208_1.jpg

私のHPがリニューアルする以前

Fishing Storyという「事実」を「ノンフィクション風」に描いた

くだらないコンテンツがあったのをご存知でしょうか?(結局、事実だったのね・・・)

全国8000万人のFishing Storyファンの皆様!お待たせいたしました!(居るわけねぇって)

約一年の歳月を経て、今ここによみがえる!

TAKE Fishing presents!


Fishing Story 「その時、彼は・・・」


みなさん、鮭を釣ったことがありますか?

鮭をルアーで釣ったことがありますか?

釣りたてのイクラを食べたことがありますか?

あのトルクフルな引きを味わったことがありますか?


「彼」はその鮭ミノーイングの魅力にとりつかれたアングラーの一人


頬をかすめる風が、空の雲が、満月の大きさが・・・

あの鮭がやってくる秋のそれに変わった

「彼」はミノーのフックをいそいそと交換していた

それは「昨夜、餌釣りで10数本上がった」という情報が入ってきたからだ

そのポイントは10月1日の河口規制がかかると鮭を釣ることが出来なくなる

チャンスは今しかない!

餌でその釣果ならミノーにtazawa氏のSBフックの最強アイテムに爆釣まちがいない!

と、いつものように妄想全開でイクラ用の醤油、みりん、酒は一升用意した(笑)


仕事を終えはやる気持ちを抑えながら法定速度で(な、わけない)現場に向かう「彼」

ポイントはあっけないほど人がまばらで最高のポイントである防波堤の先端は貸切状態であった

どうやら餌釣り師たちは明るい時間しかやらないようだ

「彼」はこの時点でイクラはもらったっ!明日はイクラ大盛り丼だっ!

と、ニヤニヤしながらキャストを繰り返した


時間は一時間以上経過していた

鮭に有効と言われる全てのルアーを使ったが反応はない

時折、ポチャーン×3と元気良く跳ねるのはボラであった(泣)

「彼」は一度車に戻ることにした


再びポイントに立つ「彼」の手には

ウエダバックウォータースペシャルという

5.6フィートの管理釣り場用のウルトラライトのロッドと

その先にはジグヘッドにワームが装着されていた(笑)

そう、根性のない「彼」はクロソイへとターゲットを変えていた

その時、「彼」はイクラのことなどすっかり忘れていた

慎重にテトラを渡り数キャストしたとき

ひったくられる様にラインを持って行かれた

デカイっ!慎重にやり取りするがドラグが止まらぬまま

そのモンスターはラインを切って消えていった・・・

なんだったのだろう?今の魚は?

この時、「彼」はイクラのことなどすっかり忘れていた(笑)

大きなソイが釣れるとは知っていたが今のは40オーバーは軽くあるな~

なんて、のんきにワームをセットしてまた、キャスト

足元でヒット!今度は簡単に上がってきた

30cmには満たないがまずまずのクロソイ

リリースして「彼」の脳裏に少しイクラが戻ってきた

さっきのは鮭ではないか?(気づくの遅いですから)

と、かすかに思いながらリールを巻いているとさっきと同じアタリ

ラインを出しながらグングン引っ張っていく

ロッドは限界まで曲がりリールと共に悲鳴を上げている

あ、鮭だ!(笑)

かすかな街灯の光に反射して少しブナのかかった銀色の魚が反転した

ドラグをしめて勝負に出た

ここはテトラ帯、潜られたらラインがすれて切られてしまう

なんとか、足元まで寄せたとき

ジグヘッドをしっかり口に咥えた、確実にメスと解る鮭がそこに居た


ない・・・


タモは車の中(泣)

確実にランディング体制になっているのにそこには手が届かない

イクラが・・・大盛りのイクラ丼がすぐそこに居るというのに・・・

その時、「彼」は足元にある少し波を被っているテトラを見つけた

あそこに降りればハンドランディングできる!

しかし、そこは海草が生えて滑りそうだ

しかも、降りた後上がるルートがない

今居るテトラから腰を浮かせたり止めたりを繰り返しながら

(高い飛び込み台から怖くて飛び込もうか、止めようかを繰り返すあの動き(笑))

彼の時間にして20分あまり(実際は1分も満たない)

大盛りのイクラ丼が行ったり来たりする思考で悩んだ

そうこうしているうちに鮭はまた走り出し

プツーーーンっという音を響かせ(実際はしないけど「彼」の中では大音量で聞こえた)

海の闇へと消えていった・・・


その後、ダッシュで車に戻りタモを抱え、鮭タックルでキャストを繰り返すが

あのアタリは二度と来なかった


帰りの車の中で

あの時、下りるべきだったか?他に手がなかったか?

イクラの消えた思考で悶々とする「彼」であった
スポンサーサイト
09.16 (Sat) 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://withoutb.blog76.fc2.com/tb.php/110-6256d663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。