上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P3190034.jpg

先日の休日は2週間ぶりに一日休めました
ゆっくりと朝を迎え
のんびりと久しぶりの渓流釣りに
岩手まで車を走らせました。

毎年、通っている小さな川
仕掛けを作り
餌のミミズを通す
良さそうな淵や流れ込みは
流石に反応がなく
なんとか見つけた竿抜けのポイントで
嬉しい1匹!

この後、小さいやつをバラシて
昼前には早々に終了

誰も居ない川に立ち
自然を満喫して
たった一匹でも渓魚とふれあい

気持ちもすっきりでした!
スポンサーサイト
03.21 (Wed) 14:02 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
~儀式~

244_1.jpg

さて、一日ソミュール液に漬けた身を干すのですが

その前に大切な「漢の儀式」があります

それは身の塩あんばいをチェックするために

少しだけ切り取り焼いて食べる事なんです

せっかく苦労して出来上がった「愛しのトバ」が

(「愛しのトバ」って表現。作れば解ります(笑))

塩辛くて食べれなかったり、味が薄くて物足りなかったらどうしますかっ!

この後、二週間ほど全神経を、全ての愛情をトバに注いだというのに

不味かったらどうしますかっ!

って、大げさですね(笑)


と、言うことで干す前に味見をするわけです


目安は

ご飯が欲しくなるほどの塩辛さでは漬かりすぎです

流水で塩抜きしましょう

逆にちょっと醤油でもかけたいな~ってくらいでしたら

もう少し漬けておきましょう


しかし、この写真の脂!解りますか?

この時点でめちゃくちゃ旨かったですよ

調子にのって味見しすぎるとなくなっちゃうので気をつけましょう(笑)


ここまでの工程が80%ほどの旨くなるかの要因です

手を抜かずしっかりチェックしましょう

後は干すだけです

今時期はまだまだ気温が高いので(最高気温が一桁が適正です)

冷蔵庫を活用しましょう

245_1.jpg

私の場合、チルト室に100均で買ってきたバーベキュー用の網を使ってます

もちろん!鮭が独占してます。鎮座しております(笑)

家事をやっている都合上、冷蔵庫も私の管轄ですから

かみさんに文句は言わせません(笑)

もしも、奥様に文句を言われたら

「漢(おとこ)のすることに文句を言うんじゃねぇ~!」

と、一喝しましょう。

でも、影で「ごめんね。二週間くらいだらお願い。ねっ」

と、かわいくお願いしましょう(笑)


今後の途中経過は一週間後にお知らせしますので

しばらくトバ道場はお休みさせていただきます。
10.26 (Thu) 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
~初日~

242_1.jpg

さぁ~始まりましたよ!トバ道場(笑)

以前、掲示板にもレシピは書きましたが

おさらいでもう一度!

本来の鮭トバは塩を振っただけで

後は「浜風」という自然のスパイスで出来上がりますが

内陸に住んでいる人ではこのスパイスは使えない

では、ちょっとお洒落に燻製に使うソミュール液で味付けたらどうだろうか?

と、冬に作ったトバは最高に旨かった


~ ソミュール液レシピ ~

10%の塩水(漢だったら塩にもこだわっていいやつ使おうぜっ!)

三温糖(なければ普通の砂糖)少々(これは仕上がりの飴色と照りのために使うんだぜっ!)

粒胡椒適当に(上の写真を参考にしてくれっ!)

ブーケガルニ(最近は乾燥のが売ってるぜっ!上の写真のティーパックがそれだっ!)


これに一日漬けて置くのですが

大きいサイズの鮭の半身が入る容器がなければ

ゴミ袋のビニールに入れて漬けましょう

(漢だったらちっちゃく切ったりしないで豪快に半身のまま作ろうぜっ!)

途中、一回身を裏返す(夜漬けたら朝に)

で、今夜から干す作業に入りますが

干す前に大切な「儀式」あります

その「儀式」とは?

明日のwith out トバを見逃すなっ!

あ、昨日のちゃんちゃん焼きと三平汁!最高に旨かったですよ
10.25 (Wed) 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
240_1.jpg

日曜の夜から移動して月曜の昼過ぎに帰ってきた

西海岸での鮭釣り

いつもであればなんてことはないスケジュールですが

今は買い物を済ませ晩御飯を仕込んでからでないと行けません

やっとかみさんの顔に笑顔が戻り

なんとか洗濯程度ならできるようになったので

(ご心配くださった皆様、ありがとうございます)

少しは楽になったのですが

今回はシチューを仕込みました

前回のサイコロステーキを使ったカレーが好評で

今回は鳥の骨付き肉を使ってじっくり煮込んだ特製シチューです

車で移動中にかみさんからムービーメールが届いて

そこには旨さに歓喜をあげる娘の姿がありました


さて、そんな準備の疲れも一週間の仕事の疲れも

この一本がぶっ飛ばしてくます

正直、♂だったのでちょっとがっかりしてましたが(イクラがないから)

家で捌くとなんとも旨そうなサーモンピンクの身

鮭は川に上ると捕食しなくなるので身が本来の白に戻り(シロザケ)

身が痩せお世辞にも旨いとは言えなくなります

海で釣った遡上前の鮭は状態がいいと刺身で食べたくなるほどの身をしてます

間違っても刺身はダメですが(寄生虫がいます)

早速解体したアラは鍋で炊かれ今夜、半身のちゃんちゃん焼きと共に

三平汁で食します

残った半身はもちろんトバにします

冬に作ったトバはそれはそれは旨かった

自分で釣ったと言う事、自分で作ったと言うスパイスが効いて

今回も作り方は基本的に同じですが

まだ気温が高いので予報を見て冷蔵庫も兼用します

そしてさらにサプライズ!

仕上げにとっておきの事を準備してます。

それは追々この「witu out トバ」で報告いたします。

しばらく「漢(おとこ)のトバ道場!」になりますので(笑)

ご了承ください。
10.24 (Tue) 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
最近、ネタもなく写真も撮っていなかったのでお休みしてました
ここを楽しみに待っていてくれる2、3人の方?
申し訳ありません。

さて、今日から10月
県内の主要河川では鮭釣りの河口規制がはじまります
と、言うことでラストチャンスを昨夜八戸で頑張ってきたのですが

鮭からのコンタクトはなくクロソイのみ(泣)

朝、tomyさんからメールで「まだ鮭釣ってない人いるの~?」と、
久しぶりに「毒」が飛んできて(笑)
がぜんやる気になっていたのですが・・・

(tomyさんはその後オチがあって笑わせてもらいました(笑)詳しくはtomyさんのHPで)

河口規制があるところではこれから冬一杯禁止ですが
規制のないところではもちろんオッケー

ですから、これからは規制のないマイナーなポイントを
県南を中心に攻めて行きます

早速、明日は午前中の仕事を終えてから

tomyさんから頂いた情報を元に行ってきます

こんなとき仲間って本当に頼りになるしありがたいです。

「情報」は持ちつ持たれつ私も可能な限り(自分の知っている限り)
仲間には最新を流すように心がけてますが

まだまだ、頂くことの方が多いです。

本当に感謝

このご恩はいずれ私が得た情報を提供することはもちろん

現場で釣ってお返しするのがいいかと・・・

ところでtomyさんの昨日釣った鮭はオスだったわけですが(笑)
よーく思い出すと先日の私が捕りそこなった鮭は

オスだったのかもしれない・・・

テトラに降りてびしょ濡れになって危険もあっただろう
そんな危険をおかして仮に持ち帰ったとしよう
メスだと喜び捌いたらオスだったなんて・・・

テトラに降りなくて良かった(笑)

休み明けイクラの画像をお楽しみに!
なかったら・・・そういうことで(笑)
10.01 (Sun) 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。